読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ブログの記事をストックし過ぎると熱が冷めます!

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

最近は記事をストックする機会が多くなりました。1日1記事更新を心掛けているのですが、気が付くと新しい記事を書いているんです。

これはストック記事が増えるな~と嬉しい悲鳴を感じると共に、一つ大事なことを発見しました。

あれ?ストックし過ぎると記事の熱が冷めてない!?

f:id:zakkiblog:20160721193233j:plain

記事のストックは良いか悪いか

そもそも記事のストックはアフィリエイトサイトに使うものであって、雑記ブログがするものではありません。雑記と言うくらいですから適当なことを適当に書くのが当たり前です。急にアフィリエイト記事を書くのも然り短い文章を書くのも然り、全てが雑記ブログに当てはまります。

よって個人的にはこう思います。

「雑記ブログはストックする必要はない!」

もちろん人それぞれ感じ方は違います。でも雑記ブログにストックすることを求めたら、「楽しんで書く」という大事な部分が削られそうで怖いです。と言いながらもストックが増えているこのブログ。

歯がゆいですね。(笑)

記事のストックの悪い点

不思議なものでストックされた記事が古ければ古いほど熱が冷めているんです。

内容自体は変わらないのに古く感じるのはなぜか?

きっとその時の感情が込められているからだと思います。記事を書いて「自分はこう思った、この時は悲しかった」など気持ちの表現が含まれる記事は後から見返した時に熱が冷めてますね。

逆に真面目に書いた「質重視のまとめ記事」なんかは感情が入っていないので、冷めません。長期的にブログを成長させたいなら、こっちの淡々と書いた記事のほうが良いですよね。

でも皮肉なことに、バズるのは感情が込められた記事です。

こう考えると気持ちを込めて書き綴った記事は早めに公開して、質重視の調べあげた記事は熟成させて公開するのが良いのかもしれません。ただ質重視の記事ほどGoogleに評価される為にも早めに公開したいですよね。

悩ましいところです。

記事ストックの良い点

当然、記事をストックすることにはメリットもあります。

一番は気持ちの面での余裕じゃないでしょうか?

特に毎日更新を決意している人にとって、こんなに楽なことはありません。今日更新しなきゃ!と気負う必要が無いですからね。そしてより質の高い記事を公開できるようになります。なんせ記事を書いてから公開までに何週間もあるんですから。そりゃ、公開する前に手直しし放題ですよ。

でもその代わりにトレンド記事はNGです。トレンド記事を何週間もストックしていたら意味ありません。それでストック記事が多くても公開する順番が大切になってきます。雑記のブログを更新する時によく言われることは以下の通りです。

・同じテーマを続けて更新しない

・1日何記事も更新すると読む人が付いていけない

・質を高める記事を書くなら一度読み返してから更新する

 個人的にビックリしたのは1つ目です。

「同じテーマを続けて更新しちゃダメなの?」

当然ダメという訳ではないです。でも読者は雑記ブログを読みに来ているのであって、1つのテーマを読みに来ているのではありません。もしコーヒーの記事を公開したとします。読み手が「コーヒーアレルギー」の人なら読んで貰えません。

これが2記事、3記事とコーヒーの記事が続いたら、どうなるでしょうか。

ブログを開いただけでアレルギー反応がでますね。(笑)

だからこそ雑記ブログに限りあんまり記事の内容を固定するのは良くないのです。

ただ個人的には「そこまで気にしなくて良いんじゃない?」と感じてしまいます。そんなに色々なネタを持っているわけではないし、同じテーマでしか書けない日だってあります。2日続けてコーヒーの記事を公開せざるを得ない時だってあるかも知れません。

何を更新するか?ではなく、継続して更新するか?の方がよっぽど大事です。

まとめ

色々考えてきました。熱を帯びやすい記事ほど早めに更新しないと冷めてしまいます。そして後から見返した時に恥ずかしくてもう公開できない!となると勿体無いですよね。

そうならない為にも気持ちの込もった熱い記事は、熱いうちに公開したいと思います。という訳でこの記事はさっき書いたのでもう公開します。(笑) 以上。

関連記事

www.zakkiblog.net