雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

傘がない時でも雨の日を乗り切るコツ

 

こんにちは。雨の日が嫌いな「ざっきぶろぐ」です。突然ですが雨の日と聞くとこんな状況がありますよね。

「今日は雨は降らないわよ。」

「ありがとう、いってきます!」

帰り道...

「ザー」

「...」

こんな時、私はしょっちゅうあります。雨は降らない予報なのに帰りになると雨が降ってる事って以外と多いです。最近ではゲリラ豪雨で傘があっても意味をなさないこともしばしば。

ただ雨の日に傘があって損はありませんよね。そこで今回は雨の日に傘を忘れてもその場を上手に乗り切るコツを考えてみました。 

f:id:zakkiblog:20160815121527j:plain

スポンサー

 

1 新聞紙を傘代わり

サラリーマンがよく行います。突然の雨に新聞紙を手に持ち雨を防ぐのです。しかし正直あってもなくても変わりません。ただセットした髪の毛をどうしても崩したくない、という方にはおすすめです。

でも雨を遮断する面積が小さ過ぎますね。肩はびしょびしょです。あと問題は新聞紙を持った方の腕ですね 。雨に当たりまくりで何のために新聞を持っているのかよく分かりません。

雨にあたらない度は残念ながら10%です。頭だけならほとんど濡れないと思いますが、それなら走って帰る方がよっぽどいい気がします。

2 他の人に入れてもらう

f:id:zakkiblog:20160811211520p:plain

そうです。堂々と他の人に入れてもらうのです。

「あ、すみません。ちょっと入れてもらって良いですか?」くらいの軽い気持ちで言ってみます。ただ傘に入れてもらうってかなり勇気要りますよね。個人的には「生活していて勇気がいるランキング」でも上位に入ります。(笑)

生活していて勇気がいる場面

・ダメ、絶対と言う勇気

・電車のなかで席を譲ってあげる

・みんな仕事しているのに先に帰る勇気

・高いお惣菜を買ってしまう勇気

私はここに並んだ場面と同じほど、雨の日に傘に入れてもらうのは勇気が要ります。でも一旦入れてもらえれば雨には当たりません。途中で「やっぱりダメ」なんて言われることは無いですもんね。

結果、雨にあたらない度70%です。小さい傘なら半分肩が濡れてしまうので70%にしました。

3 コンビニで傘を買う

f:id:zakkiblog:20160811211830j:plain

早い話これが一番誰も傷付けないです。(笑)コンビニでビニール傘は今や定番ですからね。どこのコンビニでも売っています。ただ問題は費用の面です。新聞紙や他の人に入れてもらう作戦と違いこの方法はお金が掛かってしまいます。

そして一旦家に帰るとその傘は用無しです。家に帰ればもっといい傘がありますもんね。傘をお金で買うか、服を濡らすかのどちらかの選択です。

雨にあたらない度は90%です。傘を買えるので当然雨にはあたりません。ただ「もったいないことした〜痛い出費だな〜」と考えながら帰ることになるので、心の中は小雨ですね。よって90%です。

4 堂々と乗り切る

これも見方を変えれば、雨の日を乗り切るコツと言えます。そもそも「雨が服に当たるのはダメ」という決まりは1つもありません。そんな法律はないんです。あったらみんな捕まってしまいますね。ただの自分の固定観念です。つまり「雨は当たってなんぼ」のものです。

ここまで来ると話が変わってきてしまいますね。(笑)でも外国の方は傘をささないようなので、こういった考え方の違いから行動が分かれるんだと思います。

f:id:zakkiblog:20160811214249j:plain

雨が降っていても堂々と胸はって歩きましょう。ちなみにこの4番目の方法は雨に当たらない度0%です。

5 タクシーを呼ぶ

f:id:zakkiblog:20160811212551j:plain

雨にあたらない度 95%

どうしても濡らしたくない書類があったり、スーツが新品の時は雨に濡れるのをためらうと思います。どうしてもという場合はタクシーを呼ぶのが一番です。

雨に濡れたスーツのクリーニング代って大体1000円くらいですよね。

タクシー代は近場なら1000円で帰れるかもしれません。その差額を計算して一番安い方法で帰るというのも一つの手ですね。近くにコンビニがあるならビニール傘を買うのが一番安いと思いますが。(笑)

タクシーに乗る場合は余程のことがない限り使わないほうが良さそうです。きっと家に帰ると家族から反感をかうかもしれません。

「雨ごときでタクシー使ったの?」と。

そう言われた場合の返答の仕方を考える必要がありますね。節約している家庭なら、その日の家の雰囲気は土砂降りです。

番外編

時には違った見方をすることも必要です。逆転の発想でヒットした商品もあるくらいですからね。雨の日を有効活用するためにどんなことが出来るか考えてみます。

だじゃれ攻撃

最近はだじゃれが流行っているようです。寒いおやじギャグはどの時代も有効的です。扉を開けて雨が降っていたときに周りをすぐ見渡します。 そして大声でこう言うのです。

「傘がないのに誰もかさない...」

本当に親切な人であれば貸してくれると思います。でも貸してくれないことが殆どですので、大きめの声で言わないとダメですね。

雨をよける

外に出て雨が降っていた時、これは雨をよける練習なんだ!サバイバルだ!と走って帰りましょう。雨に当たってはいけません。サバイバルなので。いかに雨に当たらずに帰れるかで自分自身と戦うことが出来ます。

一番の難しい相手はゲリラ豪雨ですね。

コンビニでシャンプーを買う

「雨をよける」のとは逆の発想です。もうスーツとカバンは会社に置いておきましょう。そしてコンビニでシャンプーを買うのです。そして頭に付けて歩きます。その日はお風呂に入らなくても髪はツヤツヤですね。ゲリラ豪雨の特に有効的です。

今では水いらずのシャンプーも売ってますからね。

水のいらないシャンプー

楽天 864円

Amazon 864円

まとめ

いかがだったでしょうか?

雨の帰り道、どうしても傘を忘れることがあります。結果的に考えると、折り畳み傘を持ち歩くのが一番じゃないでしょうか。

今ではワンタッチで開く傘、大きい肩幅の人も余裕で入れる折り畳み傘など便利なものがたくさんあります。

ぜひ今日の仕事の帰りにもし雨が降っていたら参考にしてみてください。ちなみに番外編を活用する場合は周りの人に通報される場合がありますので気を付けてくださいね。(笑)

ではこの辺で、おしまい。

他の記事はこちら

www.zakkiblog.net