読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

財布を落とさない為にできる10のこと

ガジェット ガジェット-ファッション

あ、財布がない!

生活していてこんなに慌てることはないと思います。普段温厚そうな人も急にパニックになって自分の体を手当たり次第探っている人を町中で見かけたことがあります。

実際財布を落としてしまうと面倒なことばかりです。カードの再発行手続きや警察署への届け出など億劫になりますよね。こうならない為にはまず財布を落とさない事が一番です。

それで今回は「財布を落とさない為にできること10個」を考えてみました!

f:id:zakkiblog:20160807133015p:plain

1 チェーンをつける

チェーンをつければ落としません。物理的に財布を落とすことは不可能です。絶対に落としたくないという人はチェーンをつけると良いと思います。

でもジャラジャラしていて重くなって嫌だ!という方も多いです。見た目も多少影響しますもんね。今では、重くない軽いチェーンも売っていますので、それを活用することも財布を落とさないうえでポイントです!

 

 

正直なところ財布を物理的に落とさない為にはこの方法以外無いと思います。(笑)体に繋がっていれば落とすことはありません。ただチェーンごと落とした場合は仕方ないですね。

2 常に同じ場所にしまう。

これは人によって異なります。忘れない為に毎回違うポケットに財布をしまう人もいます。でも個人的には常に同じ場所にしまったほうが良い気がするんです。つまり財布を同じ場所にしまう事を習慣化させることで財布紛失を防ぐという狙いですね。財布がない時により早く気が付くことができます。勿論人によって自分のスタイルがありますのでその人に合ったしまい方が良いのかも知れません。

中には「同じ場所にいつもしまってセキュリティ的に大丈夫なの?」と心配する人もいます。

ただ家の鍵だって普段何年も同じ場所に置いていると思います。車の鍵だっていつも同じポケットに入れているはずです。しかも鍵をひとまとまりにしてキーホルダーでまとめている人がほとんどです。でも盗まれたりしないですよね。

財布も同じです。毎回同じポケットにしまっても、そう簡単に盗まれることはないと思います。(注意 断言はできません)

 

 

3 財布を手に持つ時間を減らす

f:id:zakkiblog:20160806220020j:plain

財布を無くす瞬間って限られると思うんです。つまりどこかに置いてきてしまうんです。「さっきまで手に持っていたのに!」とわめく人が時々いますよね。

ほとんどはしっかり鞄に入れたりポケットにしまったりするはずです。でも何か考え事をしているとつい忘れてしまい、バスや電車の中に置いてきてしまいます。

それで結果的に考えれば、財布を手に持つ時間を減らすことこそが、財布を落とさない秘訣です。財布はなるべく手に持たない!という自分なりのルールを作るのも良いですよね。そうすれば財布をどこかに忘れて置いてくることはまずありません。

4 自分の財布をよく観察しておく

f:id:zakkiblog:20160806220213p:plain

財布を落とすのは端的な話、自分自身の管理不足です。持ち物の管理がしっかりしていれば、そうそう財布を落とすことはありません。

自分の財布に何が入っているのか、何円入っているのかなどの情報をある程度知っておくのはお勧めです。落とした時に役立ちますし、落とさないようにしようという意識の向上にも繋がります。財布を落としやすい人の特徴として緊張感が無いですよね。落としてから焦るという。もっと早くから危険を予測しておけばこうならないのにな、と感じてしまいます。

5 落としそうな場所を避ける

財布を落とす場所は決まっています。よく聞くのは電車やバスの中、喫茶店などです。花火大会も危ないですね。共通しているのは一度財布に触る必要がある場所ばかり、という点です。

ポケットに穴が開いていない限り、財布が勝手に落ちるということはまずありえません。財布に触ったからこそ、財布を落としてしまう、または置いてきてしまうのです。

それで財布に触った時に注意する必要があります。特に支払いが終わった後自分が財布をどこにしまっているのかしっかり確認すると良いと思います。

一番良いのは財布に触れると電気ショックが流れるなんてどうでしょうか?これじゃいつまで経ってもお会計できないですね。(笑)

 

 

6 落としづらい財布、衣服を使用する

f:id:zakkiblog:20160806220836j:plain

落としやすい財布ってあると思うんです。例えばポケットに入れたつもりがそのまま下にスルッと落ちてしまう薄い財布なんかがそうです。買ったはいいもののなぜか財布を落としてしまう...それは自分の癖と財布の形状の相性が合わないからだと思います。

衣服もそうですよね。例えばズボン。ダボダボのズボンはやっぱり落としやすいです。ジーンズは生地がしっかりしているのであまり落とさないかも知れませんね。

7 財布を愛する気持ちを持つ

これは地味に大切です。財布を落とすまい!と決意するのも良いですが、何より財布を愛する気持ちも大切です。愛するものを落とす訳ありません。当然大切に使います。その結果、無くしたり落としそうな場所に財布は置かなくなります。

思い切って高い財布を買ってみるのも一つの手かもしれません。(笑)

 

 

確かにこんなの買ったら落とせないですね。(笑)ちなみに100000手前のお値段です。

8 落ちたときにすぐ気づける工夫をする

f:id:zakkiblog:20160807133622j:plain

何か鈴を付けていれば落とした時に気が付きますよね。これはかなり有効的な手段です。ただ財布を落とした場合に限ります。こんな質問の答えを見つけました。

鈴なんていうのは, 落としたとかでしたら, 有効ですけど, 泥棒には意味はありません。

基本的には服の内ポケットに入れておきましょうね, 外のポケットなんて入れてはいけませんよ。

引用元 スリ対策で財布に鈴は有効? - 防犯・セキュリティ 解決済 | 教えて!goo

妙に納得します。確かに鈴は泥棒には意味ありませんね。どっちかというと防犯ブザーのほうが有効的です。でも財布に防犯ブザーを付けるのもなんか…。(笑)

9 自分を分析する

f:id:zakkiblog:20160807133754j:plain

(c) .foto project

財布を落とす人って大体決まってると思うんです。こんな人です。

・いつも「せかせか」している人

・なにかと焦って余裕がない人

・危険予測能力が欠けている人

共通点は少し考えれば解決できるという点です。せかせかしても疲れるだけだという事位、少し考えれば分かります。

焦っても時間が過ぎていくだけだという事位、少し考えれば分かります。ちょっと考えれば危険を予測して行動できるはずです。

もし自分自身がこの中に含まれているなら少し考えるだけで忘れ物をかなり減らせると思います。理想は「忘れ物落とし物、常に0人間」ですね。でも人間である以上それは無理です。疲れているとどうしても忘れたりします。だからこそ落とし物や忘れ物をなるべくしない、リスクを下げる生活をしたいですね。

10 そもそも財布を持たない

最後の10番目は「そもそも財布を持たない」という斬新なアイデアです。これが一番確実な方法ですよね。クレジットカードだけ持ち歩くという人も中にはいます。

財布が無ければ財布は落としません。財布が無ければ財布は忘れません。

当たり前ですが結構、核心を突く真実だと思うんです。財布を不必要に持ち歩かないことこそが「財布を落とさない為にできること」の一番の方法なのかもしれません。

おしまい。