読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ニトリのワードロープが気になります。

ガジェット ガジェット-電化製品

最近服が多くなってきて新しい突っ張り棒でも買おうかなと思っています。でも突っ張り棒って何か味気ない。どうせならハンガーポールでも買おうかなぁと思って調べていると何やら気になるアイテムが。

ワードロープって知ってますか?

目次

広告

ワードロープとは

そもそもの話、ワードロープの意味が分かりません。ハンガーポールとの違いを説明できない自分が情けないので早速調べてみました。

・突っ張り棒とは

突っ張る棒の事。地震対策によく使われる。

・ハンガーポールとは

主にハンガーを掛けるポールの事。またの名をパイプハンガー、ハンガーラックとも言う。

・ワードロープとは

衣裳部屋という意味合いを持ち、洋服ダンスを指す場合もある。

つまりワードロープとは突っ張り棒やハンガーポールと比べると大掛かりな物なんですね。 ワードロープには幾つかの特徴があります。

ワードロープの特徴

ワードロープがあれば衣類を大量に保管できます。また見えないようにカーテン、あるいは扉が付いているものが多い為プライバシーも安心です。私が個人的に気になったのはニトリのワードロープです。タンスのようなワードロープもあるのですが、これだと持ち運びが不便になってしまいます。

引っ越したり模様替えしたりする時の楽さを考えると、簡易的なカーテンのワードロープに惹かれました。何と言ってもこのお値段ですよね。(笑)

ちなみにニトリのワードロープは2980円。しかも下の収納箱付きです。

f:id:zakkiblog:20160729095042j:plain

(出典 生活雑貨通販のニトリネット)

安いです。しかし節約を心掛けている私はそんな簡単に衝動買いをしません。他のメーカーとまず見比べなければ。

無印良品とIKEAとニトリ

コストパフォーマンスに優れある程度の認知と人気があるのは主にこの3つです。

・無印良品

・IKEA

・ニトリ

 順番に調べてみました。まずは無印良品。質の良い商品で知られるメーカーです。

f:id:zakkiblog:20160729091641j:plain

(出典 無印良品ネットストア

値段は5000円。ニトリよりは高いです。ただ質は明らかに無印良品の方が上ですね。骨組みが明らかにしっかりしています。さすが無印良品。

次はIKEAです。値段は3500円。何とも言えない値段です。

f:id:zakkiblog:20160729092032j:plain

(出典 BREIM ワードローブ - ブルー - IKEA

うーん。値段はそこそこですがデザインがイマイチです。人によって感じ方は違うと思いますが、何か後付け感がありますよね。(笑)

「いつでも引っ越し感」が無印良品と比べ強い気がします。

では最後はニトリです。お値段2980円!

f:id:zakkiblog:20160729092450j:plain

(出典 生活雑貨通販のニトリネット)

さすが「お、値段以上、ニトリ」ですね。ただ無印良品と比べるとやっぱり質が劣ります。骨組みが安っぽく囲っている布も薄いです。

3つをまとめるとこんな感じです。

f:id:zakkiblog:20160729093316p:plain

・クオリティを求めるなら値段は高いけど「無印良品」

・安くても使いやすさ重視で「ニトリ」

・とりあえず無難さを求めるなら「IKEA」

こんな感じです。個人的にはやっぱりニトリが良いかなと感じました。値段に糸目をつけないなら無印良品も良さそうですが。あ、このグラフはあくまでも私の主観が入っていますので、参考程度に読んで下さいね。(笑)

まとめ

ワードロープと言っても色々な種類があるんですね。持ち運びに便利で服も汚さない、でもあると重宝する家具の一つです。これを家具と呼んでいいのかも分かりません。

家具と言われると簡易的ですよね。この微妙な立ち位置が以外にワードロープの人気の理由なのかもしれません。(ワードロープには家具のようにしっかりした物もあります。)

おしまい。

広告