雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ブログの検索流入を増やす6つの方法

 

はてなブログを始めてはや20日。あっという間です。中にははてなブログからの流入は増えるのに検索流入は増えないという人がいます。

それには原因があると思います。今回はその原因を探ってみます。

1 キーワード選定

f:id:zakkiblog:20160721194852p:plain

まず大事なのはタイトルのキーワードです。Googleで上位に表示されるためには、このタイトルが重要になります。検索しに来た人を読みたい気分にさせるのもタイトルの役目です。

「珈琲の記事を読みたいなあ」と思い「コーヒー 美味しい」と検索した人が「コーヒーは美味しい?いや不味い!」なんて記事を読まないですよね。(笑)

タイトルはお店の看板です。中に来店して貰うためにはそれなりの看板が必要になります。イタリアン料理の店の看板が「料理」って書いてあったらどうですか?

間違ってはいませんが中に入ろうとは思いません。なんの料理かも分かんないし。(笑)

それで検索しに来た人が思わずクリックして下さるようなタイトルにしたいですよね。でもここで問題になるのが「キーワード」です。

あんまりマイナーなキーワードだと誰も検索しません。せっかくの記事も台無しです。めちゃくちゃ美味しいスパゲッティ作ったのに看板がよく分からなくて結局自分で食べちゃうみたいな感じですね。

その逆も然り。メジャーすぎるキーワードもライバルが多すぎます。「料理」というタイトルがそうですよね。キーワードの幅がありすぎて検索上位にはたどり着けません。

そこでどうするか?ずばり丁度良いキーワードを探すことです。

メジャーすぎずマイナーすぎない絶妙なキーワードを探します。ここで役に立つのは「good keyword」です。単語にどれくらい検索数があるのかを表示してくれます。

この説明は前の記事で書いたので説明は省きます。

・goodkeywordの記事

www.zakkiblog.net

 

2 記事の質

f:id:zakkiblog:20160721194901j:plain

(c) .foto project

検索流入を増やす方法2つ目。それは記事の質の向上です。当然ながら適当な記事を読みたい人はいません。タイトルが良いのに蓋を開ければスッカラカン。これではガッカリされて当然ですよね。

自分のブログの記事の質が良いのか悪いのかは、Googleアナリティクスの直帰率と平均セッション時間で分かります。直帰率とは「そのブログを閲覧したあとにすぐ帰った人の割合」です。

つまり直帰率90%の記事は9割の人が記事を見てすぐ帰っちゃったことを表します。もったいないですね。

もう1つの平均セッション時間というのは「そのブログの閲覧時間の平均」です。長ければ長いほど、ちゃんと読んでくれた証拠となります。

もし仮に「私のブログ、直帰率95%、平均セッション時間7秒なんです!」という人がいたらそのブログは相当質が悪いと思います。もちろんこのデータに基づいて質が悪いと言っているだけです。(笑)

短い文なのに面白い記事を書く人はいっぱいいます。記事全体に独特の空気感があるブログもあります。それはその人にしか書けないのですごいことですよね。

でも直帰率95%、平均セッション時間7秒はダメですよ。だって9割以上の人がその記事だけで帰っちゃうんです。しかも7秒で。

 

3 検索にうける記事を書く

f:id:zakkiblog:20160721194913p:plain

これはブログの読者がいると悩む問題ですよね。つまり、はてなブログ流入を取るか検索流入を取るかです。究極の選択ですね。

ブログを続けていると「はてなブログでうける記事」が分かってきます。それが検索流入も見込める記事なら喜んで更新できます。

問題は「はてなブログにしかうけないであろう記事」です。検索流入は見込めない記事を果たして更新するべきか?

私は更新しません。理由は1つ、「検索流入を増やす」ことが目的だからです。はてなブログ内でトップに立つ!みたいな目標なら更新して良いと思うんです。

でも目的が検索流入である以上、検索にうける記事を優先させなければなりません。ここが雑記ブログの悩みどころです。適当な記事も書きたくなるんですよね。(笑)

個人的には時々適当な記事も更新しようと考えています。週に1回位のペースで。

 

4 スマホのカスタマイズに力を注ぐ

f:id:zakkiblog:20160721194928p:plain

今はスマホの時代です。スマホのカスタマイズは必須です。ちなみにこれは私のスマホ画面です。ちゃんとメニューボタンも付いてますよ。(笑)

今は検索の半分以上がスマホからの流入です。家の中でパソコンを前に検索する人はあまりいませんよね。ほとんどが外出先のカフェや電車の中でスマホから検索します。

それでスマホからの流入に備えるために「スマホのカスタマイズ」をしておくのは良いことです。検索の1ページ目に記事が載っているなら尚更です。

せっかく1ページ目の1番に記事が載ってクリックしてもらったのにブログのホーム画面がごちゃごちゃしてたら見る気をなくしますよね。

もう1回検索画面に戻った人は何をするか?

それは1ページ目の2番目の記事をクリックするのです。ここはブログ自体が重くてもういいや、となればチャンスありです。

自分のブログの記事が3番目にあればシンプルで洗練されカスタマイズ済みのスマホデザインで、検索してきた人を驚かせましょう。

スマホデザインはリピーターを増やし検索流入を増やす上で役立ちます。

 

5 ニーズに合う記事を書く

f:id:zakkiblog:20160721194937j:plain

たとえば「つま先 痛い 対処法」で検索されたとします。その人が求めていることは何でしょうか?

きっとこうだと思います。

何か最近足が痛いのよね。気のせいかしら...。あっ!違う。足じゃなくてつま先だわ。歩くのも大変で今日スーパーのセールでネギが安いのに。

セールの日のネギの前は人だかりなのよ。どうしようかしら。足を潰されたら一溜まりもないわ。硬い靴を履くのはどうかしら?

ダメダメ。今から買いに行く時間もない。

そうだ!こんな時こそGoogle先生に聞いてみましょ。

「つま先 痛い 対処法」と!

「つま先 痛い 対処法」で検索してくる人は間違いなくつま先を痛がってる人です。ここにこんな記事があったら読みますか?

「つま先が痛い!でも対処しないことも1つの対処法です。」

誰も読みません。(笑)

だって対処したいから検索してるんだもん。他の人にネギ取られちゃうもん。

f:id:zakkiblog:20160721194946p:plain

よって書く記事は「つま先が痛い時の対処法、スーパーでの取り合いも平気!」で決まりですね。(笑)

それでニーズに合う記事を書くことは大切です。検索してくる人がどんな気持ちで検索するかを考えると良いタイトルが思い浮かびやすくなります。

私も以前検索を意識して「はてなブログは危険?そんなことはありません。」という記事を書きました。 

www.zakkiblog.net

はてなブログを怖がっていてる人が検索すると予想したからです。結果は予想通りでした。「はてなブログ 危険」で検索があったからです。

ニーズに答える記事を書くことは大切ですね。

 

6 継続性

f:id:zakkiblog:20160721195000j:plain

ここまでで検索流入を増やす勝手な考えを書いてきましたがこれらは全て継続が基盤となっています。ブログ更新の継続なしに検索流入は見込めません。

見込めたら誰もブログ更新しないですよ。Googleも継続して更新しているブログを評価します。完璧に作りこまれた専門ブログなら更新する必要はないかもしれません。

でも私のような雑記ブログを書く人なら間違いなくブログ更新の継続が評価の分かれ目になると思います。

 

まとめ

検索流入は一日で増えるものではありません。だんだんと評価が上がっていき増えていくものです。だからこそ検索を狙う雑記ブログの更新は継続する必要があるのです。

以上が検索流入を増やす方法でした。

 

関連記事

雑記ブログでも月間15万PVに至るまでやったこと

アクセスが増えるブログの過去記事のリライト方法とその結果