雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

堅あげポテトが美味しい理由と人気の味ランキング

 

Calbeeの堅あげポテトを知っていますか。個人的に最近はまっています。でも思ったんです。「こんな堅いポテトチップス、どうして人気があるんだろう…。」

そこで今回は堅あげポテトが美味しい理由と、人気の味を勝手にランキング形式で発表したいと思います。

目次

堅あげポテトの秘密

f:id:zakkiblog:20160721192909j:plain

当たり前ですが「堅あげポテト」の真骨頂は堅さです。パッケージの裏側を見てみるとこんな文章が載せられています。

ポテトチップス発祥の地アメリカでは、伝統的な製法で作られるポテトチップスがいまでも多くのファンに支持されています。

大きな釜を直下で炊いて、薄く切ったじゃがいもをヘラでかき混ぜながら、一釜ずつていねいに作っていたと言われるこの製法。

カリカリッとした食感と手作り風の素朴なおいしさが、変わらない人気の秘密です。

つまりこの何とも言えないカリッという食感が人気の秘密のようです。思わず写真を撮りましたよ。(よく見ると一つ割れている…)

f:id:zakkiblog:20160721192923j:plain

でもふとこう思いました。

「堅過ぎて歯が折れたらどうしよう。もし歯が折れた人がCalbeeを訴えたらどうしよう。それに乗るように私も歯が折れたという人たちが集団になってCalbeeを追求したらどうしよう。

もしCalbeeがそれに懲りてもうポテトチップスは作りません!なんて言ったらどうしよう。私の大好きな堅あげポテトがもう食べれなくなったらどうしよう。Calbeeがポテトチップスを撤退してアメリカからよく分からないメーカーのポテトチップスが日本に参入してきたらどうしよう。

中国のポテトチップス会社がCalbeeの真似してCarbeeなんて名前で出して来たら星のカービィと勘違いしちゃうからどうしよう。」

でもその心配はなさそうです。パッケージの裏側にしっかり書いてありました。

堅あげポテトは、かたさが特徴のポテトチップスです。口の中を傷めないよう、少しづつ、よくかんでお召し上がりください。

安心しました。堅あげポテトはこれからも安泰です。今ではBIGサイズもあります。あっという間に食べちゃいそうです。この後はいよいよ「堅あげポテト人気の味ランキング」を発表したいと思います。

堅あげポテト人気の味ランキング

さあいよいよ開幕しました。勝手ながらランキング形式で人気ランキングをまとめてみます。

第5位 わさび味

写真があればいいのですが残念ながらありませんでした。楽天にもAmazonにも「わさび味」の堅あげポテトは2016年9月現在販売していないようです。

お酒に合うくせになる味の部類ですよね。たくさん食べたいというよりかは「おつまみ感覚」で食べれることがポイントです。

鼻にツーンとくる感じが何とも言えません。このツーンにやられて堂々の第5位ランクインです。

第4位 のり味

堅あげポテト・のり
 

程よいのりの味と堅あげポテト本来の味がマッチした商品です。個人的には好きなのですが「THEのり味!」という感じで個性がない為、第4位止まりでした。

第3位 うすしお

堅あげポテト・うすしお

楽天で探す Amazonで探す

ここでついに定番の味がランクインです。誰もが知っているあの味です。他のポテトチップスを寄せ付けない堅さとうす塩の絶妙なマッチングでした。

定番の味ながら1位を固守できないあたりが残念ですね。

第2位 バター醤油
堅あげポテト・バターしょうゆ
 

勝手ながら地域限定を第2位とさせて頂きます。販売地域は主に「北海道、東北、中部地方」のみです。まだ食べていない方は是非食べてみて下さい。

間違いなく第2位に入る実力があります。バターの味と醤油のバランスが最高です。

さあいよいよ第1位の発表です。

第1位 ブラックペッパー

 

堅あげポテト・ブラックペッパー

楽天で探す Amazonで探す

ブラックペッパーが文句なしの1位です。味、知名度、どちらを取っても1位ですよね。

ブラックペッパーのかけ具合が絶妙です。そしておつまみにも合いパーティーにも合う、場所を選ばないどこでも活躍できるオールマイティーさも1位の理由です。まるでイチローですね。(笑)

f:id:zakkiblog:20160721192935j:plain

(出典 プリ画像

まとめ

堅あげポテトは美味しいです。本当に何とも言えない美味しさがあります。でもそれと同時に「あんまり好きじゃない」という声も聴きます。理由は堅過ぎるから。「ポテトチップスとしてあの堅さはどうなんだ」、という声も聞いたことがあります。

結局人それぞれ感じ方は違います。ふにゃふにゃのポテトチップスが好きな方がいれば堅いポテトチップスが好きな方もいます。私は堅いポテトチップスが大好きなのでこれからも堅あげポテトと共に生きていこうと思いました。

最後にアメリカのポテトチップスを紹介します。あの有名なコストコのポテチです。内容量は驚異の907グラムです!

KIRKLAND ポテトチップス

Amazonで探す  楽天で探す