雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ブログとはなんぞや。私が考えるブログ論

こうして毎日文字を打ち続けていますがそもそもの原点に今回は戻ってみようと思います。それは「そもそもブログとはなんぞや」という疑問。ブログブログと言いますが実際ブログとは何なのか。考えてみました。

f:id:zakkiblog:20160626114930p:plain

目次

 

ブログとはなんぞや

ブログとは正式には「ウェブブログ」の略になります。IT用語解説辞典にはこう書かれています。

ブログとは、個人や数人のグループで運営され、投稿された記事を主に時系列に表示する日記的なwebサイトの総称。“weblog”(ウェブログ)とは “web” と “log”(日誌)を一語に綴った造語で、現在では略して “blog” (ブログ)と呼ばれることが多い。

ブログとは  IT用語辞典

つまりウェブログを略して「ブログ」という言葉に変化していったわけです。名前や形式を変えても存在してきたものってたくさんあります。例えば携帯電話。昔は一つの携帯電話の重さが何キロもあってこれじゃ携帯できないよ、と突っ込まれたそうですが今では携帯どころかスマホの時代です。

 

そしてスマホの時代ももう終わろうとしているかもしれません。今ではスマートウォッチが発売され多くの人気を博しています。腕時計で連絡をとりあう時代がもうそこまで来ていますよね。

 

ブログは形を変えて存在してきた

同じようにブログも形を変えて存在してきました。以前はブログを立ち上げるだけで「すごいこと」と見なされました。会社の起業みたいにすごいね、頑張ってねともてはやされる時代だったのです。しかし時代とは無情にも過ぎ行きます。

 

何時しか皆が同じ真似をしてブログを立ち上げ始めるのです。その結果ブログの需要は高まりブログサービスが次々と現れ始めます。最近ですとKDDIウェブコミュニケーションズが、進化するブログ「g.o.a.t」を2016年6月頃から提供することで話題になりました。

 

f:id:zakkiblog:20160626095335j:plain

(出典 INTERNET Watch

 

実際以前からブログサービスは形を変えて発表されてきました。nifty、アメーバ、livedoor、Seesaa、そしてはてなブログです。

 

どの会社もそれぞれのメリットがあり、使う人のニーズに答えるように日々新たにされていきます。しかしこのままブログが成長していくとどうなるのでしょうか。

 

スマートウォッチでブログ更新

スマートウォッチでブログを更新する時代が来るかもしれません。Googleの音声機能を使い文字を打ち込みます。自分の思ったことが腕時計の画面に映し出されます。そして「ブログを更新して」との声に認識し勝手にブログを更新してくれるのです。

 

f:id:zakkiblog:20160626100204j:plain

(出典 ギズモード・ジャパン

 

こんな時代が来るのかは分かりませんが、言えることはブログも電子機器も時代も全てが進んでいくということです。誰も止まってはくれません。止まれるのは「止まりたいという心を持つ」ことができる人間だけです。

 

だからこそ今のブログ更新を日々大切なものと考えていきたいと思います。ブログ更新は決して当たり前のものではありません。

 

ブログの存在意義

そもそもブログは何の為にあるのでしょうか。それは価値観によって異なります。しかし大きくまとめると4つに分類されます。

 

1 言葉の共有

2 コミュニケーションツール

3 収益

4 ストレスの捌け口

 

人は会話して成長していきます。言葉の共有はその過程で生まれ、人と何かを共有したいという気持ちが根付くようになります。ブログで発信した言葉が多くの人の共感を得るとき、気持ちが落ち着くのです。

 

つまりブログに自分の思いを書き、共感をもつ人がそのブログを共有することで承認欲が満たされるのです。そして共感した人はフェイスブックやツイッターに気持ちを拡散していきます。それによってそのブログはコミュニケーションツールの役割を果たすようになります。

 

拡散されアクセスが増えるにしたがってブログの管理者はそこで収益を見出だすことを考えるようになります。これは勿論悪いことではありません。自分でこの構図を作り上げたので自分がその恩恵を受けるのは当然だからです。

 

広告を貼り収益が入るようになります。しかし同時にコメント欄に批判が殺到していることも知るようになります。これが4番目のストレスの捌け口です。ストレスを感じた人がそのブログに対して批判を述べることは間違っていません。

 

実際自分の意見を述べることができるようにコメント欄が付いているのですから、変なことを書いていて批判を述べるのは当然の結果です。

その批判コメントは他の人も見ます。そして言葉はまた共有されていくのです。

 

ブログは誰でも始められる

f:id:zakkiblog:20160626100555j:plain

(出典 はてなブログ

 

ブログは誰でも始められます。しかし辞める時も簡単です。だからこそブログを継続する人はすごいとつくづく感じます。

「ブログというのは簡単でありながら奥が深い。ブログは継続してこそブログだ。」

 これが私のブログ論です。最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

こんな記事も書いています。

ブログが続かない?面倒だ?~継続が一番~ - 雑記ブログ卒業