雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ブログは朝方に書くと効率が上がるがブログ更新はそんな簡単なものではない

 

ブログというのは日々の事を思いめぐらして書くから夜のほうが良いんじゃないの、と言われる方が時々います。でも個人的には夜よりも朝起きてから書くのが一番効率が高いと思います。

その理由を詳しく説明します。

f:id:zakkiblog:20160624111926j:plain

目次

そもそも人は朝方人間

f:id:zakkiblog:20160706181829j:plain

そもそもの話、人は朝方人間です。夜になったら起きるという人はいません。昔は携帯電話も目覚まし時計もありませんでした。つまり暗くなったら夜寝て、朝太陽が昇ってきたら起きるというスタイルです。

これがいつしか目覚まし時計が開発され時代の流れと電気の普及とともに、夜も快適に過ごせるようになりました。真夜中でも照明があり人々はそれに集まる、暗くなったら寝るという昔ながらのスタイルはいつのまにか消えていきました。

その結果人は夜型人間となり気が付くと朝起きるのが苦痛になり、生活スタイルは悪化の一途を辿っていったわけです。つまり本当は朝太陽が昇るのと同時に動き出すことが普通の生活と言えます。

前置きが長くなりましたが朝にブログを書くのはその為です。ブログを書くという行為は頭の中を回転させることなります。記事を書くときに何も考えずに書く人はいませんよね。誰もが何かしら思いながら綴るものです。

だからこそ夜にブログを書いてしまうと頭が回転し目が覚めてしまうんです。

夜ブログは目が覚める

f:id:zakkiblog:20160706182154j:plain

目が覚めて嬉しい人はいません。当然次の日休みならそういう日もあっても良いとは思いますが毎日夜目が覚めるというのはかなりの苦痛です。夜目が覚めない為には、寝る前に行動が関係しています。

つまり寝る前に頭が冴える行動はNGということです。夜ブログはまさにそれですよね。だからこそブログは夜ではなく朝に書いた方が良いといえます。しかし問題になるのは備忘録代わりに書いているブログです。

昨日のことを朝書くのはもう忘れてるよ、と言うかもしれません。または「昨日のことを次の日に書く、これはもう備忘録じゃない」。

しかしこう思うのです。備忘録は他のメモ帳に書けばいいじゃないと。ブログというのは人に発信するものです。誰かがブログを見ているということを忘れてはいけません。発信する以上はある程度の批判も受け止めるべきです。

備忘録で「今日のカレーはまずそうですね」と言われたときに耐える力があるでしょうか。耐えられないならすぐにでもブログはやめてメモ帳に書くようにするかブログに誰も批判できないような抽象的なことばかり書くようにするべきだと思います。

ブログはそれほど人に見られるものなのです。

ブログを馬鹿にすると痛い目に合う

f:id:zakkiblog:20160706182602j:plain

これは私が個人的に経験したことです。ブログを馬鹿にすると痛い目にあいます。こんな事かいている時点でブログを馬鹿にしていると言われるとイタチごっこになりますが、ブログというのはそもそも真摯に向き合うものです。

適当に一文字書いて更新、というどうでもいい日記のようなものではありません。誰かが何日後、何年後、何十年後に見るのです。その時のブログを見て恥ずかしくないことを書く必要があります。

特に誹謗中傷や誰かを怒らせるような記事などは絶対にしてはいけません。誹謗中傷は相手を傷つけるだけでなく、相手に対する真摯な態度や尊敬する態度に欠けています。一緒にブログを続ける仲間と見なければなりません。

ブログを馬鹿にすると痛い目にあいます。炎上してそれに耐えられなくて結局辞めてしまった人たちを何人か見てきましたがかわいそうでした。いきなり急にブログがなくなってもう辞めたんだなと知ります。もちろん違うところでまたブログを始めたのかもしれませんが。

話がずいぶん逸れてしまいました。ブログは朝に書くと良い、というタイトルでしたね。

朝は目が覚める時

f:id:zakkiblog:20160706182806j:plain

朝方は人の体の目が覚める一番良いときです。脳がリセットされているのでブログを書くことでその日のスケジュールを見直したりできます。ブログは備忘録ではなくルーティーンです。

毎日の朝のひと時にブログ更新を取り入れば間違いなく生活はよくなります。しかしその為にはブログ更新を生活の中で習慣化しなければなりません。これが中々難しい。実際これで何人もの人が失敗していると思います。

ブログ更新したいのに続かない、という方の主な原因は「習慣化できていないから」です。習慣化というのはとても大切なことです。例えば食事。食事が習慣になっていない人は食習慣がバラバラの為、貧血を起こしたりします。

毎日3食食べることが面倒だと感じるようになり、朝食を抜くようになります。一日2食になりやがて昼過ぎに起きるようになります。することもないのでお昼ご飯も適当なものしか食べません。

やがて朝食、昼食は軽いおやつとなります。さすがにお腹が減って午後3時過ぎには菓子パンを食べますが夜ごはんの時にはお腹いっぱいです。そして夜。10時過ぎになって急にお腹が減ってきます。

ちょっとなんか食べようと思っても料理する気になりません。どうなるか。当然カップラーメンです。お湯を沸かして毎日同じカップラーメンを食べるようになります。楽しみ事は醤油ラーメンと味噌ラーメン、塩にしようかと食べる味を選ぶことだけです。

こんな毎日はどうして起きるのでしょうか。「習慣化の欠如の積み重なり」だと私は感じます。

習慣化の欠如はブログ更新にも影響を与える

f:id:zakkiblog:20160706183031j:plain

習慣の欠如は毎日の規則正しい生活を破壊します。多くの人がこの影響を受け、毎日だらだらとした生活を続けテレビを見続ける受動的な生活に陥っています。そういう人がブログを更新するぞと意気込んでも100%失敗します。

「100%は厳しすぎる。せめて99.9にしてくれ。それくらいブログを頑張りたいんだ」と言うかもしれません。しかし私は残りの0.1%に賭けたくはありません。何故なら、「今まで生活を習慣化できなかった人ならブログを習慣化することは尚更できない」からです。

考えてみれば当たり前のことです。盗んでばかりの人に今度こそ返すからとお金をせがまれて貸す人は誰もいません。毎日お昼過ぎに起きるのに朝のアルバイトに申し込んできて、寝坊は絶対しませんと言われるようなものです。

そういう人たちは頑張ってほしいと思いますが、信頼はできません。「応援」と「信頼」は違います。ブログ更新を応援はしますが信頼はできません。そもそも信頼は長い年月をかけて積み上げていくものです。

今回だけ今回だけと言っている人たちを信頼することはできません。習慣化できていないからです。ブログ更新が続かない人たちの典型的な例と言えます。今回はブログ続けるぞと言いながら結局辞めてしまう。

少ししてからまたブログ続けるぞと新たに始めるが結局辞めてしまう。また数か月経ってブログを続けるぞと意気込んで始める。この繰り返しです。つまり習慣化できていません。習慣化することは簡単そうで難しい、それほど大事なものなのです。

朝書いても夜書いても書けない人はいる

f:id:zakkiblog:20160706183654j:plain

朝書くことには良いことが勿論あります。しかしそれは習慣化されている人に言うべき言葉です。夜書いても長続きする人はいっぱいいます。逆に朝書いてるのに長続きしない人も大勢いるのです。

一番良いのは自分のブログ更新のスタイルを確立することです。つまりブログ更新の習慣化です。ブログを始めた人であれば嫌々でも毎日3ヶ月更新することをおすすめします。ブログアフィリエイトもそうです。

まずは3ヶ月、半年毎日更新しましょうとよく言います。それは収益が上がるとか3ヶ月で一気に記事が花開きブログ収入が増えるとかそういうことではありません。毎日3ヶ月ブログを更新することでブログ更新の習慣化を促しているのです。

毎日3ヶ月、半年続けていれば朝も夜も関係なくなります。とにかく時間が空いたときに記事を書くようになります。結果ブログを書くことが習慣化し書かないと変な気分になるのです。ちなみに私は4ヶ月毎日ブログを2.3記事は更新していました。

かなり前の話なのであまり覚えていませんが、習慣化したのは間違いないです。毎日ブログを書くために真剣に努力しました。その為に何をしたか。なるべく一日の早い時間に1記事更新するようにしたのです。

ブログ多更新なら朝に1記事

f:id:zakkiblog:20160706184046p:plain

ブログ多更新する人は朝に1記事必ず書きます。そしてお昼前に1記事、午後に1記事とペースを上げていきます。勿論それを仕事にしている人でないと不可能です。しかし大切なのは朝に1記事更新するというスタイルです。

朝更新するということで毎日ブログを更新しないと、という気持ちを抜け出すことができます。特に毎日ブログ更新とノルマを課している人にとってこれは重要なことです。

色々長く書いてきました。ここら辺でいったん止めておきます。(笑)