雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

噂の「1時間勤務」をやってみた結果…ただの楽なバイトだった

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

f:id:zakkiblog:20171021143150j:plain

 

10月12日に日本HPが新しい働き方の提案として、一つの動画を配信しました。

僕も知らなかったのですが、公式Twitterで見れます。

 

ここで推奨されているのが「1時間勤務」という働き方。

1時間の勤務の日があれば、子どもと共に過ごせるし、毎日が楽しくなる。

皆さんは1時間勤務の日があったら何をしますか?

 

っていう事らしい…。

うーん。どうなんだろう。

 

1時間勤務動画の内容

詳しい内容はこれです。

 

内容的には確かに良い話ですよね。

 

主人公は子育てしながら仕事をする母親。

いわゆるビジネスウーマン的なやつ?

インテリアの仕事を行いながら家の家事を両立している忙しい毎日。

コーディネートについて話し合う約束をしたが、明日は5歳の子供の誕生日。

どうしよう。

 

そんな彼女が行った手法が「1時間勤務」だった。

次の日、子どもとピクニックしながら、1時間だけ仕事。

タブレット端末で会話しながら、コーディネートについて話し合い、仕事とプライベートを見事に両立。

 

最後は子どもが画面を見ながら「お疲れさまでした」と一緒になって叫ぶ。

それを見た相手はこう言った。

 

「ママカッコいいよね、本当に」

 

これだけ見ると最高の人生に感じてしまう。

でも、本当にここまでできるのかなあ、と感じてしまいます。

子どもの面倒を見ながら、野外で仕事。

 

これってよく言えば「両立」。

でも悪く言えば「公私混同」の感じがしてしまうのです。

 

もちろん色々な働き方があると思うし、1時間勤務も良いとは思います。

でもわざわざ「1時間勤務」と言わなくても良いような気がしますね。

 

新しい働き方を推奨するために、「1時間勤務」に合うCMを後から作った感が否めません。(もちろん勝手な見解ね)

 

1時間勤務は語呂が良いし、気にはなります。

でもわざわざ「1時間勤務で新しい働き方」というよりも、「家に居ながら仕事ができる」と言われた方が魅力的なのは僕だけでしょうか。

 

実際に1時間勤務やってみた

f:id:zakkiblog:20171021143306j:plain

 

という訳で、僕も1時間勤務やってみました。

僕の場合、ブログで収益を稼いでいるので「1時間勤務」ではないかも。

少し語弊がありますね。

 

「1時間キーボードを打つ」という事にしたいと思います。

というわけで早速「1時間キーボード」やってみました。

結果は・・・

 

ただの楽なバイトだった。

 

まあ普通に考えてそうですよね。(苦笑)

目的意識がない1時間勤務は、ただの楽なバイトです。

日本HPもこういう事を意図していたのではないと思いましたね。

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20171021143208j:plain

 

日本は効率の悪い国と言われています。

8時から5時まで働いて、その後も働く。

5時になったのに帰れない雰囲気。

 

残業が当たり前で、常に雰囲気は殺伐。

こういう会社であれば、「1時間勤務」は夢のような話。

インターネットの普及が進むにつれて、会社のデジタル化がさらに進めば、1時間勤務もあり得るかもしれませんね。

 

あ、最後に一つ重要な事を。

 

目的意識がない「1時間勤務」はただのバイトだからね!

 

以上。

おしまい。

 

by ざっきぶろぐ